Sight

リネンの可能性

1万年もの歴史を持つ人類最古の繊維”リネン”。古代エジプトのミイラを巻くために使われていたリネンも今となっては、現代を生きる私たちの必需品として、寝具やキッチンクロス、日常着へと形を変えて、愛され続けています。
その理由は、コットンの4倍とも言われる高い吸湿性、汚れにくく清潔さを保つ抗菌性、エンジンの温度を調整するサーモスタットのような通気性と保温性、そして心地良い肌触りや優雅な光沢など、無数の可能性を持つ素材だから。
そんな知れば知るほど触れたくなるリネンと、アフリカのジンバブエコットンで涼やかなカーディガンを作りました。
Shop Here

 

 

 

Photograph:Ryuhei Koumura

Back to Index