Sight

日常と非日常のはざまで

Phlannèlの目指す服は究極の日常着。日常着を日常着たらしめるのは、華美でないごく控えめなデザインや、心地良い肌触りを求めた素材選びや、長く着ることが楽しみになるような経年変化を遂げる生地づくりにある。
一方で、そんな究極の日常着は、日常を飛び越え、普段とは違うオケージョンでの装いを叶えることも出来る。
それはPhlannèlのものづくりの多くが、ドレスウェアを縫製する工場で作られていることに所以する。
表面的なデザインには表れない上質さや品格の備わった佇まいの洋服を、日常からは少し離れた場所で着てみると、
日常の延長線上にあるような安心感と、日常から距離をおいて“装う”ということに対する高揚感のどちらもがちょうど良いバランスで私たちの心を埋め尽くす。
Shop Here

 

 

Photograph:Ryuhei Koumura
Text:Yukina Moriya

Back to Index